イタリア・クレモナのバイオリンを紹介します。(2018年11月)

イタリア・クレモナのバイオリン

イタリア・クレモナのバイオリンをご紹介します。(2018/11/2時点)

弦楽器トリオは、イタリア・クレモナにも拠点を置き、妻の三苫由木子も一年のうち半分ほどはクレモナで楽器製作に打ち込んでいます。クレモナの人気の製作家とも、製作家仲間として普段から近所づきあいをしていますので、実際に出来上がった楽器を手に取り、良いものだけを買い取ることができています。今回は、Martin Stoyanovと奥様のGalina Eneva、Martinの弟のMinyo Stoyanovのバイオリンをご紹介します。

価格は70万円~80万円+税(※)です。
※:価格は為替等により変動します。

Martin Stoyanov(写真左)、 Minyo Stoyanov(写真中央)、Galina Eneva(写真右)のバイオリン。

Minyo Stoyanov Cremona2018

Galina Eneva Cremona2017

Martin Stoyanov Cremona2017

★楽器ご購入の際に「弦1セット」プレゼントします。詳しくは、こちらをご覧ください。

楽器のトップページに戻る